本文へスキップ

一般社団法人先端イメージング工学研究所では
「芸術の為の科学技術」をテーマに様々な研究に取り組んでいます

「芸術の為の科学技術」をテーマに様々な研究に取り組んでいます

TOPICS

  • このたび一般社団法人 先端イメージング工学研究所が設立されました。
  • 主な活動内容は、京都大学 井手亜里名誉教授の開発した、文化財のための高精細画像記録システムを用いて、 日本をはじめ世界の多くの国々の、貴重な文化財、歴史資料、遺跡、遺物などを科学的に保存し、未来への情報の継承と、 デジタル化時代の潮流に合わせた情報の活用です。 人類共通の文化遺産は、災害や経年劣化などによる自然的破壊や、戦争や無知の引き起こす人為的破壊の危険に常に晒されています。 これらの貴重な文化財を、科学的に確実に保存・保護するとともに、その情報を分析・活用することによって、 先人達の残した芸術作品に込められた美と技法、歴史文化財に記された記憶と知恵といった無形の財産を、 現代を生きる人々のために役立てることができるよう、日本の最先端科学技術を通して、社会と世界に貢献したいと考えます。 また私たちの持つ世界最大規模の文化財デジタルアーカイブについては、文化財所有者が有効に活用できるよう、 その権利の保護とコンテンツの活用サポートを任務とします。

新着情報

2018年6月20日
超高精細スキャニング撮影技法セミナー」のお知らせ
 [日時]平成30年7月2日(月)13:00〜17:00
 [場所]東北大学災害科学国際研究所 1階 多目的ホール
2018年6月8日
高精細デジタル技術と江戸時代の素晴らしい芸術」を追加しました。
2018年5月25日
PHOTO GALLERY」を追加しました。
2018年5月22日
サイトをオープンしました。
2018年4月24日
一般社団法人先端イメージング工学研究所を設立しました。

バナースペース

一般社団法人
先端イメージング工学研究所

TEL:070-4806-5829

E-mail:office@aitrec.jp